プロフィール


●プロフィール

デイサービスセンター「みどりのステーション」代表
福岡市議(早良区選出、3期目)

室見川の水を考える会 会員
合成洗剤追放福岡地区連絡会 会員
福岡県ゴルフ場問題連絡会 代表
日本湿地ネットワーク 会員
九州ダイオキシン問題ネットワーク 会員
博多湾会議 代表
プルサーマル裁判 原告
こども病院人工島移転中止を求める市民の会 会員
特定秘密保護法を廃止する会・福岡 会員
福岡市民救援会 共同代表

緑の党グリーンズジャパン 会員
ふくおか緑の党 共同代表
緑の党・九州連絡協議会 共同代表

1952年、福岡県生まれ。

1970年、九州大学理学部へ入学。森永砒素ミルク中毒事件の被害者支援活動を行う。

1975年、ふくおか西部生活協同組合(現グリーンコープ生協)へ就職。産直運動、合成洗剤追放運動、室見川の中州撤去反対運動、和白干潟を守る運動などを行う。

1986年、室見川の中州撤去反対運動を組合員とともに行う。県に12%の中州を残させた。

1988年、博多湾会議結成、代表となる。人工島は必要ないこと、埋め立てによる和白干潟の破壊をやめさせる運動を開始。

1992年、博多湾の自然を未来に伝える署名の会結成に参加。人工島建設中止を求めて12万人の署名を集めた。

1995年、福岡市議選に初当選。「室見川の自然を未来に伝える会」結成。ローカルパーティ九州(現在、虹とみどり)に参加。

1996年、環境保全条例制定直接請求運動に参加。「新宮・古賀・福間・津屋崎沖空港建設反対連絡会」に参加。「ダイオキシン九州ネットワーク」結成に世話人として参加。

2000年、「人工島点検を点検する会」を結成、代表となる。福岡市の人工島直しを点検。人工島計画がすでに破綻していることを示した。

2003年、福岡市議選に当選(2期目)。

2006年、地域政党「みどり福岡」(現「ふくおか緑の党」)を結成、代表となる。

2007年、デイサービスセンター「みどりのステーション」を設立、所長となる。

2008年、福岡市立こども病院人工島移転の是非を問う住民投票条例制定を求める直接請求に参加。

2009年、福岡市立こども病院人工島移転撤回を求める市民会議に参加。

2011年、福岡市議選に当選(3期目)。「フクオカ住民投票の会」を結成し、九電との安全協定の締結およびこども病院の人工島移転についての住民投票を求めた署名運動を展開。2012年4月、福岡市は九電と安全協定を結ぶに至った。

2012年、「放射能市民測定室・九州(Qベク)」設立呼びかけ人として参加。「がれき問題を考える会・福岡」に参加。緑の党結成準備会に参加、結成後1年目の全国協議委員を務める。

2013年7月の参院選で、緑の党グリーンズジャパンの候補者・木村ゆういちさんの選対委員長を務める。