マスコミが報道しない福岡市政の「真実」をドラゴンあらきがズバッと解説!

博多湾会議結成30年パンフレット作成:金喰い島「人工島」

博多湾会議を1988年に結成し、30年を迎えました。桑原市長、山崎市長、吉田市長、高島市長と4代にわたり人工島事業が選挙の争点となり、市長交代がありました。人工島事業とは何だったのか、30年を振り返るとまさに福岡市政の縮図であり、同時の日本の政治の鏡でもあったと言えます。高度成長期の延長線上に「サバイバルな都市間競争に勝つ」と開発を進め、和白干潟を始め貴重な自然環境を「環境の創造」という言葉で破壊してきました。破綻した事業を隠蔽するために書かれた山崎市長の念書、埋立の裏で進行したケヤキ庭石事件、破綻した事業救済のためにこども病院の移転、青果市場の移転、総合対遺憾の建設、計画になかった中央公園の建設、宮崎駿監督の「トトロの森」未遂事件、住宅販売のための緑化フェア、多額の住宅建設への補助金、企業誘致のための多額の立地交付金、まさに人工島は金喰い島にふさわしい税金投入の島です。人工島事業を検証することで、福岡市を「住民の福祉の増進を図る」自治体の本来の姿に取り戻すことが必要と考えています。皆様のご一読をお待ちしています。

頒価 1冊 500円 送料250円  5冊以上は送料無料とさせて頂きます。

注文先 f-lopasa@hf.rim.or.jp 荒木宛 FAX092-862-8980

547b46579c78799e1c391d8921901876 218x300 博多湾会議結成30年パンフレット作成:金喰い島「人工島」

 

 

博多湾会議結成30年展示会無事終了

博多湾会議結成30年展示会を無事終了することが出来ました。人工島問題は福岡市政の縮図と言えます。人工島問題を振り返ることで福岡市政の未来への道筋を乱すことが出来ると考えています。多寸の良乗車を得ることで、人工島問題及び和 続きを読む

核兵器禁止条約の締結を求める意見書(案)の賛成討論

核兵器禁止条約の締結を求める意見書(案) 昨年7月7日,ニューヨーク国連本部において,核兵器の製造,保有,使用等を法的に禁じた核兵器禁止条約が,長年にわたる広島・長崎の被爆者と多くの市民の取組も大きな力となり,122か国 続きを読む